このページではJavaScriptを使用しています。

デジタルラボについて

HOME > デジタルラボについて

最新鋭かつ世界初のコンピュータ教育設備

 2017.4月、「応用力と創造力」を育てる教育とグリッドコンピューティングなどによる研究への貢献を目指してデジタルラボが最新鋭かつ世界初のコンピュータ教育施設SCOPEに生まれ変わりました。

↑PAGE TOP

ハイエンドクライアントマシンとハイパフォーマンスなネットワーク環境

 最新2.1GHzの8コアIntel XeonとNVIDIA社製Quadro P5000のGPUを備えたHP Z840を学生用に95台と 講師用に2台の計97台が新しく導入されました。

三つのOS(OSX,Linux,Vista)が動作可能
 講義で利用頻度の高いMacOS、Linux をホストOSとして採用しています。また、VMWare 上にWindows を仮想化し、3つのOSが利用できる環境を実現しています。

OSX Linux Vista
ハイエンドPC群を支えるネットワーク環境

ハイエンドPCを支えるため、ネットワーク環境は800Gbpsのスイッチファブリック帯域幅と570Mppsを超える高い転送レートを実現しています。

↑PAGE TOP

教育・研究を支えるソフトウェア

 多彩なソフトウエアが使用可能。
 数式処理MATLAB,Microsoft Office Standard 2007,Visual Studio 2005, など講義・実験・研究利用などのソフトウェアや、Adobe Design Standard CS3 などのプロフェッショナル向けのデザインソフトも導入。従来のプログラミング能力のみではなく、デザイン能力の向上にも注目しました。
 また、PCクラスタ開発ソフトPGI-CDKやXgrid を導入することにより、複数のPCを並列的に利用し、高度な処理を短時間で行うグリッドコンピューティング環境を実現しました。

↑PAGE TOP

プレゼンテーションシステム

 デジラボにはプロジェクタとスクリーンがそれぞれ4つ配置されています。特に中央にある2つのプロジェクタは、ハイビジョン対応。 2枚のスクリーンを一体化して7.2m × 2.4m の巨大スクリーンとして表示できます。


 また、スクリーンは特殊な表面処理を施したガラス黒板になっています。講義に必要な資料を表示し、講師がポイントなどを直接書き込むことも可能。資料や画像、映像と、手書き文字の組み合わせで、分かりやすい講義を実現します。
↑PAGE TOP

講義アーカイブ配信システム


 録画した講義をデジタル保管し、大型スクリーンからPCモニタ、携帯電話やiPod まで、視聴環境に合わせたサイズに加工し配信します。

 ハイビジョン映像のままでは、学生が持つノートPCや携帯端末では再生ができません。また単に映像データを圧縮するだけでは、黒板の板書を確認できる映像品質は実現しません。本学が独自に開発した講義映像処理技術が、フルハイビジョンからPCモニタ、携帯端末まですべてに対応した配信システムを可能としました。これは、世界初のe-learningシステムです。
 2台のフルハイビジョンプロジェクタと7.2m × 2.4m のガラススクリーンの威力は絶大。
 大教室の講義映像を原寸大で表示することも可能です。

 自宅でデータをダウンロードし、携帯電話やiPod などに転送すれば、通学の電車内でも復習が可能。自動処理でズーミングされた映像なので携帯電話の小さな画面でも黒板に書かれた文字まで見ることができます。
 また,ポッドキャスティングで配信されているので、PCとiTunes、ネット環境があれば、自宅や外出先でも講義映像を見ることができます。

↑PAGE TOP
 
Copyright (C) 2007 CHUBU UNIV. DigitalLAB. All Rights Reserved